マンション投資が成功するポイント

手持ちの少ない自己資金から投資で大金を獲得するためには、マンション投資のはじめの入口を固めなければなりません。しっかりと基盤を形成することが、投資がはかどる決定打となります。

・不動産業選びのポイント

オーナー様と業者が何十年ものお付き合いとなるマンション経営の場合、業者選びで最も重要なポイントは、その会社の将来性と安定性を見極める事です。現在、首都圏のみにおいてマンション経営の業者の数は、60社程度と言われております。その中で所謂上場企業クラスの会社はほんの数社しかありません。上場していることだけが、業者選びの全てではありませんが、ひとつの大きな判断基準となるでしょう。その点、シノケンハーモニーでは業績を公開し、近年安定成長を続けている東証上場のシノケングループ会社ですので、安定性についてはご安心いただけます。またシノケンハーモニーは「質の高い住まいの提供」を理念に、マーケティングから賃貸管理業務まで総合的マンション経営を展開しています。シノケングループでは、他社に別の企画でのマンション一棟売りもしていますが、自社ブランドには最も良い物件を選定し、お客様に提供しています。

・物件選びのポイント

不動産投資を行う上で、物件選びは重要です。いかに“長期に渡り安定的に収益が見込める物件であるか”がポイントとなります。その判断基準の一つとして“エリア”が挙げられます。長期に渡り安定的な収益が見込めるエリアはどのような場所なのかを考える必要があります。現在日本では人口減少・少子高齢化が深刻な問題となっておりますがその中でも東京では例年、様々な要因から人口が増え続けており今後も増えることが予想されています。 特に【東京23区内】【駅徒歩10分圏内】の賃貸物件はニーズが高いだけではなく、資産価値性も高いと言われています。また建物についても長期運用を前提での管理や耐久性を持ち合わせているかも重要なポイントとなります。日頃のメンテナンスや長期の修繕計画が立てられているか、また、耐用年数(建物寿命)の目安も事前に確認する必要があります。

・投資時期

不動産投資を始める上で【投資時期】の見極めは非常に大切です。不動産をバブル前に購入された方、バブル絶頂期に購入された方をイメージいただくとわかりやすいのではないでしょうか。投資時期を見極める為には不動産のマーケット、経済情勢などをしっかりおさえる必要があります。ローンを活用される方にとって金利動向はわかりやすい指標の一つとなります。景気と金利はほぼ連動すると言えますが、現在は、超低金利時代と言われ、過去数十年を遡っても最低水準にあると言えます。また、オリンピックに向けて、東京23区内では様々な開発が進みそれらの影響による不動産価格の変化に期待を持たれている方は多くおります。現在は買い時と判断されている投資家が増えてきているのは間違いありません。