マンション投資成功談一覧

35年間空き室を保証する不動産投資会社は、他にないと思います。

以前まで株やFXの取引を行っていました。そのころ資金はある程度あったため、多少の取引であれば問題ないと思っていました。しかし、負ける日が続いたことを期に諦めました。まして仕事をしながらやるとなると、売るタイミングを逃してしまったりしてうまくいきませんでした。しかし収入は減少傾向に落ちいっており、危機感を募らせた私は、いろいろとホームページを閲覧した時に偶然、マンション投資を知りました。その中で、業界トップクラスの投資用マンションの供給戸数を誇るシノケンハーモニーを見つけ、その会社でマンション投資を始めることにしました。東証上場している会社のグループ企業だということも安心感が持てました。まず説明を受けて一番驚いたことは、空室保証を35年間もするシステムがあることです。他の会社では大体5~6年程度が相場のようで、そう考えても単純計算で7倍近くの開きがあります。これだけ長期間空室保証をしてくれると、安心してマンション投資に取り組むことが出来ると思いました。私はローンを組んで始めましたが、頭金0円から投資ができ、毎月のローンも家賃収入でそのほとんどをカバーするので、返済も負担にならないし、ローン完済後は毎月一定の家賃が入ってくることに魅力を感じました。また、私自身に万が一のことがあった場合、ローンを組むときに入る「団体信用生命保険」で残金を返済できるので、家族に無借金のマンションと家賃収入が残せると聞き、これだけ考えると、生命保険会社が提案する保険商品よりも優れているな、と感じました。現在マンションを1戸所有していますが、この成功を糧に、さらに2戸目、3戸目と買い増ししていきたいと思っています。

安定した財源が確保でき、毎日の生活にゆとりが持てるようになりました。

年功序列と呼ばれる給与システムは実質的に崩壊し、一生懸命頑張っても賃金が上がらないことに不安を感じていました。さらに長引く不況の影響で、仕事量が増えても給料は減る一方にやるせない気持ちになりました。一時は株や投資信託を始めてみようと考えていましたが、素人である自分が変動性の高い取引を行うのは無理があると思いました。何とかしようとインターネットで検索したところ、サラリーマンや公務員に大人気だというシノケンハーモニーのマンション投資を見つけました。実際にマンション投資を始めて感じたことは、他の投資と比べてローリスク・ロングリターンの投資であることでした。マンション管理も自分1人で行わなければいけないと思っていましたが、実際は管理会社が賃貸経営の一切の業務を行ってくれるので、安心してマンション投資を始めることが出来ました。万が一空室となっても、35年間の空室保証をしてくれているので家賃が入らない心配はないし、ローンを組むときに入る団信で、私に何かあった場合でも、残額が返済される点はとても魅力的だなと思いました。まだ独身なので一刻も早く結婚したい、と内心焦っていますが、将来子供を持ったとき、残してあげられる資産を少しですが作ってあげられたかなと思っています。いずれにしてもマンション投資を始めたことが、自分の人生をいい方向へ修正してくれたと思っています。

マンション投資で節税効果を発揮するとは思いもしませんでした。
〈東京都 E.Yさん 会社員 所有物件:2件〉

会社の同僚がシノケンハーモニーのマンション投資を行っていて、よく話を聞いているうちに興味を持ち、私も始めることにしました。少額から投資を行うことができるし、月のローン代は家賃収入でカバーできるということで会社員に人気を集めている理由がよくわかりました。マンション投資を始めてから数年経ちますが、思いがけないメリットとしては、節税効果を受けられることではないでしょうか。確定申告の際、所得税・住民税といった税金は必ず支払わなければなりませんが、マンション投資をはじめたことで、マンション投資にかかった経費を費用として計上できるため、納めるべき税金を軽減することが出来ました。また、購入した物件の減価償却が使えるかどうかがポイントになりますが、私が購入したのは新築マンションだったので、中古マンションより減価償却の恩恵を多く受けられました。この還付された税金は繰り上げ返済に回し、早くローンを返済していき、さらに買い増しをしていきたいと思っています。

早期リタイヤのための準備が万全になりました。
〈千葉県 S.Kさん 会社員 所有物件:1件〉

年齢的に考えてそろそろキツイなと考え、何か楽して稼げる方法はないかと本やインターネットで探し当てたところ、たまたま見かけたマンション投資に興味を持ました。話を聞いてみると、マンション投資は他の投資と比べて安定的に運用することができ、比較的リスクが少ないことがわかり、はじめてみると、儲けはそれほどありませんが、外部の影響をそれほど受けずに、順調に運用していくことが出来ました。それには管理会社に賃貸をお任せできたり、空室保証があったりと、しっかりしたシステムがある会社を選んだからだと思います。ローンの支払いも、家賃収入で賄うので、手元に残る収益は少ないですが、2000万円以上のマンションを、ほとんど自分の資金を出さずに買えるというのはすごいことだなと思いました。そしてローン完済後には家賃収入がそのまま収入になります。他人資本で資産形成ができるので、複数のマンションを所有することもでき、総資産が増えました。私が利用したシノケンハーモニーは、銀行のローンの組みやすく、しかも頭金が0円からマンション投資を始めることができる好条件でした。さらに35年間の空室保証という点もとても助かるシステムで、退職後を見据えた今後のライフプランについて真剣に考えてみようと思いました。リーマンショック以降、輸出企業をはじめとした各企業で売上が減少し、それが給料に派生して軒並み低下しています。将来に対する希望が持てないからこそ、リスクが低く、安定的に稼げる投資を実践すべきだと思います。

入居者が住みたくなる物件を持つことが、高い収益性に繋がりました。

私は現在、3戸のマンションを所有しており、そのうちの1戸はデザイン性の高いマンションを所有しています。これまで新築や築浅の中古マンションを購入してきましたが、シノケンハーモニーの「デザイナーズマンション」というものが気になり、パンフレットなどを取り寄せて、営業担当からも話を聞いてみました。ただデザインがいいと言うだけでなく、東京23区内の駅から徒歩10分圏内の好立地に立てられているので、入居者が集まりやすいとのことでした。また、東京都内であればこれからも人口が増えていくので、賃貸需要は落ちないうえに、おしゃれなデザインで女性からの人気も高く、将来的にも価値が下がらないと説明を受けました。シノケンハーモニーは投資用マンションの供給数もトップクラスで、さらに東証一上場している親会社のグループ会社なので、これは安心して投資できると思い始めました。デザイン性はさることながら、部屋のいたるところに使いやすさを意識した作りとなっていて、自分でも住んでみたいと思えるようなお部屋でした。マンション投資で重要なのは、管理がしっかりしていることはもちろんですが、いかに入居者に住みたいと思わせるかも重要だと思いました。