マンション投資用語集(あ行)

●頭金
住宅やアパートなどの物件で、ローン契約の際に支払うお金のこと。 一般的に金融機関からお金を融資する時、担保価値の8割程度しか融資されないため、物件価格の実質2~3割程度の頭金が月々のローン返済額にあてがわれる。

●インカムゲイン
資産運用や投資に対するリターン(成果)のひとつ。 資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益(所得)のことを指す。 具体的に株式投資の場合は配当金、不動産の場合は賃料収入、預貯金の場合は受取利子(利息収入)、投資信託の場合は収益分配金がこれにあたる。

マンション投資用語集(か行)

●グロス利回り
年間家賃収入を投資金額で割ったもの。
賃貸経営にかかる経費等を考慮に入れないため、大まかな指標として使用される。
表面利回りとも言う。

●減価償却費
時間が経つごとに建物や設備機器の資産価値が下がり、それによって帳簿価格が減額すること。

●固定資産税
市町村が固定資産の価格(=評価額)を決定し、これをもとに課税標準額を算出し、税率を掛けて求める税金のこと。

マンション投資用語集(さ行)

●サブリース
不動産管理業者がマンションやアパート、ビルなどの1棟の建物を一括で借り上げ、第三者に転貸するサービス。
オーナー自ら管理する手間がなくなり、入居者の有無にかかわらず家賃を受け取れるメリットがある。

●資産運用
個人または法人の所有する資産を投資や貯蓄をすることで、資産を増やしていく運用方法の一つ。

●資産運用方法
自己資産を運用・管理し、資産を増やす方法のこと。

マンション投資用語集(た行)

●耐用年数
一般的に、建物等の利用可能限度を指す。
耐用年数には「法定耐用年数」という減価償却期間算定の基準があり、木造家屋は22年、鉄骨造は19~34年、鉄筋コンクリート造で47年となっている。

●短期プライムレート
信用力の高い優良企業に銀行が貸し出す際の優遇金利のこと。
「短期」とは1年以内、「プライムレート」とは優遇金利の意味である。

●中古マンション投資
土地を所有しないオーナーが、優良(プレミアム)の中古マンション物件を購入し、家賃収入で収益を獲得する投資方法のこと。

●出口戦略
対象の不動産に関して、保有期間経過時の換金方法をあらかじめ計画する戦略のこと。

●登記
不動産の権利や物理的な概要を公示するため登記簿に記載すること。

マンション投資用語集(な行)

●ネット利回り
賃貸経営にかかる経費(共益費・固定資産税等)を差し引いて計算した利回りのこと。 実質利回りとも言う。

マンション投資用語集(ま行)

●マンション経営
オーナーが借りたローン完済を目的に、マンションに住む入居者から、賃貸料などの収入を得る経営のこと。

●マンション投資
土地を所有しないオーナーが、家賃収入、売却益を目的に新築マンション、中古マンションを購入すること。

●マンション投資物件
マンション投資が可能な物件、またはマンション投資用に指定している物件のこと。

マンション投資用語集(ら行)

●リターン
投資を行って得られる利益のこと。
一般的に不動産投資では「賃料収入」、「売却利益」と表される。

●利回り
投資した資金に対して得ることができる利率のこと。一般的に、家賃収入を投資資金で割る「表面利回り」と、家賃収入から賃貸管理費、建物管理費、修理費、火災保険料、固定資産税などを差し引き、さらにその数値を投資し資金で割る「実質利回り」とに分けられている。

●レバレッジ効果
自己資金以外にお金を借り入れ、投資時に大きなリターンが期待できる効果のこと。 株式投資よりもマンション投資の商品の方がリターンが大きいため、「レバレッジが効かせやすい」と表現するのが一般的。